冬の北海道、賃貸マンションの灯油代。半日つけっぱなし1ヵ月灯油代

 北海道や東北地方など寒い地域での冬の灯油代に関して、おおよそ〇×万円くらい。というのはよく見かけます。

しかし、実際に使ってみると住まいの条件などで変わってきてしまい、結構な誤差になり、思ってたより高かった・・・なんてことも。

こちらでは、住居の条件や1日何時間点けていた代金か、灯油ストーブを点けていない時の室温など詳しい条件を踏まえて、我が家で実際にかかった1ヵ月の灯油代金を記載いたしました。

北海道、東北地方へ引っ越しを予定している方、
賃貸マンションへの引っ越しを予定している方などのご参考になれば幸いです。

※詳しい条件などは飛ばして、結果だけ知りたい方は以下から見てください。

★結果だけ見る☆



灯油ストーブを8時~24時の時間帯(16時間)1ヵ月毎日稼働していました。

半日つけっぱなし。と題しましたが、正確には毎日16時間稼働していた結果です。

ただし、稼働時間は多少前後したりもしています。(夜寝る時間が遅くなったり早かったりといった具合です)

概ね16時間稼働、外出などで稼働しなかった日はなかったので、丸一ヵ月なのは確かです。

賃貸マンション、3LDKのリビングで使用していました。

賃貸マンションの間取り

賃貸マンションのスペックは以下

建物 賃貸マンション
構造 鉄筋コンクリート
間取り 3LDK
専有面積 80平米
リビング 16畳(約29平米)

なお、階の半ばに位置しており、上下にも住居があります。
左右には住居がありません。(壁に面しており、片側も階段のため)

灯油ストーブは、リビングで使用していたものになります。

灯油ストーブのメーカー・型式など

灯油ストーブのメーカーと型式

TOYOTOMI トヨストーブ
型式:FF-455・FF-555
密閉式灯油ストーブ

賃貸マンション備え付けのものでした。

灯油ストーブを点けていない場合の室温12度

12度前後です。

朝、灯油ストーブの稼働前の室温です。
最低で10度、高い時でも13度でした。

上下に住居があるため、そこまで部屋が冷え切ることがないようです。
また、上下の住居でも日中は留守の場合があるようですが、朝方と夕方以降は在宅のようです。
朝方、夕方以降の時間帯は、上下の住居でも暖房が稼働しているものと思われます。

また、他の暖房器具は稼働していません。この灯油ストーブだけで部屋を暖めていました。

灯油ストーブの温度設定は「21度」にしていました。

灯油ストーブの温度設定は「21度」固定。朝も日中もこのままです。
この温度設定で稼働させておくと室温が21、22度くらいに保たれていました。

この条件下での1ヵ月の灯油代

住居 賃貸マンション/鉄筋コンクリート
灯油ストーブ稼働場所 リビング16畳(約29平米)
室温(灯油ストーブ未使用時) 12度前後(早朝)
灯油ストーブ設定温度 21度(固定)
1日の稼働時間 16時間

1ヵ月の灯油代

灯油使用量 161リットル
灯油単価 88円/リットル
灯油代金 15,301円(税込)

※31日間での使用量

以上のような結果でした。なお、灯油単価は、10円程度上下することがあります。
安くて80円/リットル、高くて100円/リットル

毎日16時間使用したもの。集計してみると以下のような結果です。

1ヵ月総使用時間 約496時間
1時間あたりの灯油使用量 約0.324リットル
1日にかかる灯油代金 494円
1日(16時間)の灯油使用量 約5.184リットル

※灯油代金は、灯油単価88円/リットル で換算しています。

1ヵ月(31日間)半日点けっぱなしにしたと仮定すると

総使用時間 約372時間
灯油使用量 120.75リットル
灯油単価 88円/リットル
灯油代金 11,476円(税込)

概算では上記の通り。
灯油ストーブの点け始めが一番灯油を使用していると思いますので、実際にはもう少し高めの使用量になると思います。


以上になります。上記から一日中点けっぱなしにした場合の概算も出せるかと思います。ご参考まで。